山田征さんとの語らいの輪 〜あんまのわ分科会〜

9月 29th, 2011

富士山忍野在住の山下勝子あんまの導きで、山田征さんをお呼びして、小さな、学び合う場をつくります。

3・11以来地震と津波による甚大な災害と共に崩壊してしまった福島原発、そしてそこから明るみに出た電力に関するたくさんの問題が、さらにそれに伴い私たちの社会の構造のさまざまな現実が知らされて来ました。大き過ぎる深刻な課題がこの時代の緊急の課題としてだけでなく、負の遺産として次世代どころか何世代にもわたって残されたということを痛感します。もうすでに7カ月が過ぎましたが一体どこから手をつけて良いのか、そもそも自分に何ができるのか・・と悩む日々を過ごしています。

そんな折、9月18~19日に開催されました「フチハーモニー 富士端会議」で山田征さんの「原発についてのお話」を伺う機会を頂きました。お聞きしてみると知らないことがたくさんありましたし、自然エネルギーというものの実態も知らされて次から次へと目からうろこでした。

深い悔悟の想いの後に、これから自分の目で耳で現実を知り理解し、どうしたらよいか考え、目の前の小さなひとつからでも取り組むことが必要だなという思いがふつふつと湧きあがりました。小さな点が繋がって線になり、そしてそれはやがて面になって広がり世界を変えると思います。こつこつとやり続けよう。そうすることで次世代以降の子どもたちや大地に生きるすべてのいのちに対する責任もささやかにでも果たすことになるのではとも思います。

そこで「あんまのわ分科会」として是非山田征さんにお話しを伺い、多くの方々と
語り合う場を持ちたい、とお伝えしましたところ快く承知して頂きました。
以下はその詳細です。

日 時:10月26日(水曜日)午後1時半~2時間くらい
お話を伺った後に質疑応答の時間があります。
大体夕方6時くらいまでお時間いただきました。

その後夕食、
そしてさらにその後・・征さんを囲んで語らいの時間を持ちましょう。
残れる方大歓迎です。宿泊もできます。
暖炉の火と征さんとの語らいを通して皆で希望や暖かい想いが心に染みいるひとときをご一緒できたら幸いですね。

会 場:慧光寺 (山梨県南都留郡忍野村忍草3250)
Tel.0555-84-8082 / Fax.0555−84-8122

参加費:千円以上のドネイション(寄付)
夕飯を頂く場合・・実費を割り勘で。
宿泊費は別途として素泊まり大人4000円/子供2000円/乳幼児1000円

朝食も実費割り勘で。

お申込み:山下勝子(慧光寺内) sarana@echoji.com
Tel & Faxは上記、慧光寺まで。

多くの皆さんとこの場を分かち合いたいと願っています。
ご参加お待ちしています。   山下 勝子

山田征さんプロフィール
1938年生まれ、六歳より九州宮崎で育つ。二十四歳で結婚、以後は東京武蔵野市在住。四人の娘達の子育てと共に、農家と直接関わりながら共同購入グループ「かかしの会」を約二十年、地元の学校給食に有機農産物他食材全般を約十七年にわたり搬入。仲間と共にレストラン「みたか・たべもの村」をつくる。並行して反原発運動、沖縄県石垣島白保の空港問題他、さまざまな活動を経て、現在に至る。
著書に「ただの主婦にできたこと」(現代書館)、「山田さんのひとりNGO」(現代書館)他、宇宙からのメッセージを自動書記的に綴った日記を多数出版。

山下勝子プロフィール
山梨県忍野村の浄土真宗のお寺「慧光寺」の坊守兼副住職、バッチ財団登録プラクティショナー。お寺では主にいらっしゃる方々のお話相手、バッチフラワーのコンサルテーション、他に今まで出会ったたくさんのあんまたちの暮らしの知恵や工夫を分かち合いたく「風と光と共に手仕事を」という衣食に関する手作業の場を作っています。

Comments are closed.

In: あんまの集い |